投資

投資の基本はマルチプル

儲かるかどうかの判断は金額ではなくて、利回り。利回りは別な表現をすると、割合=%のこと。

割合(%)にもいくつかの種類があります。

株式投資のPERなども、%の一種。専門用語ではマルチプル(Multiple)と読んでいます。

投資の基本はマルチプル(Multiple)

daily_investment_words

マルチプルはあくまでの評価手法。評価対象が変われば使用する丸chプルも変わります。

株式投資のマルチプル

new_pbr_eyecatch
PBR 株価純資産倍率について【MP3付・英語で学ぶ株式投資】株式投資の基本のマルチプル。株価純資産倍率PBRの解説を日本語だけでなく、英語を聞いて理解できるようにします。理解できているかどうかを確認するために、英語でのテストも用意しています。 将来ビジネススクールに留学を希望しているヒトや、外国人と金融に関して情報交換したい方はぜひ、チャレンジしてみてください。...
BPS_Catch_new
BPS ひと株純資産についての基礎知識【英語で学ぶ株式投資】BPS(Book Value Per Share)一株当たり純資産の基本を日本語で理解。 その次に英語の解説を聞いて、英語で理解。最後に英語の質問を聞いて、理解できているかどうかをセルフチェックします。 最終的には、BPSを使った会話が外国人とできるキッカケになれば嬉しいです。...
new_per_eyecatch
PER株価収益率について学ぶ【英語で学ぶ株式投資・MP3付】投資の基本であるPERについて簡単に解説。株に投資したことのあるひとであれば、PERについては一度くらい目にしていると思います。この記事では、PERについて英語で理解して、英語での説明を聞いて、質問に答えて、PERについて外人との会話ができるようになり、会話そのものを楽しんでもらえたら嬉しいです。...
new_eps_eyecatch
EPS 1株あたり利益について学ぶ【英語で学ぶ株式投資の基本】株式投資の基本にEPS(一株あたり利益、Earning Per Share)という指標があります。 非常にシンプルでわかりやすいこの指標を日本語で学び、その後で、英語で学びます。 最後まで読んでEPSについて英語で説明できるきっかけをつかんでください。ビジネススクール留学希望者や外資系金融転職希望者必見です!...

投資の基本のマルチプル

IRR
IRR内部収益率を知れば不動産投資で騙されなくなる【初心者必見】不動産投資の判断基準には色々な指標がありますが、基本的にはIRR(内部収益率)という指標を使用しています。不動産を持ち続けるつもりで初期投資はするものの最悪の状態などを考え、投資する段階でIRRベースでいくつかのケースを作成することをおすすめします。その上で投資の判断するすればいいです。 この記事は、騙されない不動産投資に関心のある方必見です! ...
ROI_Catch_3
ROI 投資収益について英語で学ぼう【英語で学ぶ株式投資の基本】異なる複数の投資案件を比較するときに使用する指標にROI(Return On Investment 投資収益)というものがあります。このROIについて正しく日本語で理解したのち、英語でも説明できることを目標にした記事です。 外資系PEファンド、ビジネススクール留学希望者、外資系証券転職希望者必見です!...

企業評価に使うマルチプル

ROS_Catch_3
【2019年版】ROS 売上高利益率を英語で学ぶ【MP3付】 ROS(Return On Sales) 売上高利益率に関して、日本語で理解したのちに英語で説明できるようにするブログ記事です。mp3音源ファイルもありますので、活用してリスニングにも役立ててもらえます。また英語でROSについてのテストもあります。最終的には外国人と英語でROSをはじめとする金融に関する会話のきっかけづくりになればうれしいです。...
ROE 株主資本利益率を解説【英語で学ぶ株式投資・MP3付】企業業績を評価して株式投資する時の役にたつツールの一つにROEがあります。 この記事ではROEについて日本語で解説した後に、英語でさらに理解を深めていただけるよにmp3の音源も用意しています。ROE 自己資本利益率についての復習。 ...
new_roa_eyecatch_V2
ROA 総資産利益率を徹底解説【MP3付・英語で学ぶ株式投資】【英語で学ぶ投資の基本】 ROA 総資産利益率について評価の仕方や使い方などを日本語で解説した記事です。同時に同じ内容を全て英語で記載。また、MP3の音声でも英語で解説しており、英語の設問に回答する問題を併載して英語で復習もできるブログ記事です。英語で投資の基本を学ぶだけではなくてリスニング力も鍛えられます。外資系の金融、M&Aやビジネススクール留学希望者必見です。...