英語学習

読むだけで癒されるオススメの英語のショートポエム【英文法解説付】

english_poem_eye_catch

日本人には馴染みが薄い「ポエム」。多くの場合、「韻を踏むことばで構成される形式の詩」と、説明されている英字辞典が多い。

文学的な定義意味は別として、「読んで、景色が自然に目に見えるようであり、聞こえるはずのない風や小鳥のさえずり、川のせせらぎの音が聞こえてくるような情景が浮かぶ言葉の集まり」と理解しています。

つまり、難解な文章ではなくて、息を吐きながらでも読めるものを僕はポエムと思っています。

この記事では、難解な詩ではなく、中学英語でも読んで理解できるポエムを集めてみました。

日頃の疲れを癒せる内容を虚力集めて見ましたので、一日の終わり、寝る前に目を通して頂ければ嬉しいです。

読むだけで癒される 英語のショート・ポエム集

english_poem_definition

詩とは異なりポエムの定義には音楽のような調べを少し含めた解釈が見受けられます。

A composition in verse; an arrangement of words in lines with a regularly repeated accent and often rhyme.

→ 規則的に繰り返される単語の音や韻で構成される詩の形式

Thorndike・Barnhart : Junior Dictionary

今回は、人生の教えや教訓など読んでためになる短文形式のポエムを中心に集めて紹介します!

今日という日の大切さを教えてくれる ショート・ポエム

Yesterday is History. Tomorrow is a Mystery. Today is a gift. That’s why it is called the Present.

→ 作者 Alice Morse (一部抜粋)

【意味】

過去のことをいつまでも引きずらず、明日に備えて、今日という日を大切に。

【解説】

昨日は歴史 → 昨日(のこと)は過去のこと(→ なので、くよくよしない。)

明日は(何が起こるか)謎である。

今日の日は贈り物。

だから、<プレゼント>と呼ばれている。

History とMystery は、ともに韻を踏む形式。

History; Mystery; Present と 過去・未来・現在と時制を連続させている。

贈り物という意味と現在という意味を掛けて”Present”ということばを置いている。

感情と行動の重要性を教えてくれる ショート・ポエム

Don’t make promises when you’re happy, don’t reply to anything when you’re angry, and don’t make decisions when you’re sad.

→ 作者不明

【意味】

幸せな気分でいる時には約束を交わさず、腹立たしい気分の時にはどんな事に対しても言葉を返さず、悲しんでいるときには、決断するな。

【解説】

気分のいい時は得てして、大きくなりがち。そういうとき、大盤振る舞いしガチになるので、自重するよう戒めている。逆に、不愉快な時には得てして他人に対して、不快な気分のまま接しがちになることを戒めている。深く悲しんでいるときは、得てしてマイナス思考になりがちで正しい判断が出来ないことを戒めている。

日々、なにが必要なのか教えてくれる ショート・ポエム

Accept both compliments and criticism. It takes both sun and rain for a flower to grow.

→ 作者要確認

【意味】

花が成長するためには、日差しも雨も必要なように、ひとの成長にも批判や称賛など(の相対する意見)を受け入れる(必要がある)

【参考】

compliment → 賛辞や敬意

criticism → 批判

批判ということばにも幾つある

criticize:欠点を非難

blame:間違いや過失などを非難

censure:権力や権限のある上位にいる者の欠点を非難

condemn:強く間違いや過失などを非難

denounce:公にひとやその行為を非難

参照:株式会社研究者 英和中辞典

心構えの大切さを教えてくれる ショート・ポエム

A bad attitude is like a flat tire. You can’t go anywhere until you change it.

→ 作者要確認

【意味】

心構えが悪いのはパンクしたタイヤだ。取り替えるまで、どこにも行けやしない。

【参考】

タイヤを修理する際には”repair” を使用。

パンクはイギリス英語ではpunctureを使用することもある。

タイヤが二本パンクした場合などの表現は、”two flat tires” と、表現。

友人の大切さを教えてくれる ショート・ポエム

Argument may win the situation but lose the person, but Patience may lose the situation but win the person.

→ 作者要確認

【意味】

ことばをかなり補って訳してみました。

ときに論争は称賛を得る立場に立たせてくれるが、同時に友を失わせる。だが、辛抱強く論争に耐えることで称賛は得られなくとも友人からの支持を勝ち取れる。

【参考】

argument → 論拠となる事実に基づいての論争。

controversy → 相違する意見に基づいた論争が長時間に渡り行われる様。

dispute → 理論に基づかない感情的な対立論争。

シンプルだけれども大切な ショート・ポエム

Making mistakes is better than faking perfections.

→ 作者要確認

【意味】

過ちを犯すことは、完璧を演じるよりましだ。

子育ての基本を教えてくれる ショート・ポエム

Don’t educate your children to be rich.

Educate them to be happy, so they know the value of things, not the price.

→ 作者要確認

【意味】

子に富むことを教えるものではない。代価を教えるのでもなく、ものの価値に気づかせることを通して幸せになることを覚えさせなさい。

人生について見つめ直せる ショート・ポエム

“The meaning of life is to find your gift. The purpose of life is to give it away.”

→ 作者:Pablo Picasso

【意味】

人生の意味は与えられた才能に気づくこと。人生の意図することはその才能を無償でひとのために使うこと。

【解説】

gift, find や purpose などの単語の意味を文学的に訳すと、本意がより理解できます。

https:stephenpong.com/836/

【参考】

与えるという意味の単語にもいくつかあります。

give → 他人に与えるのもっとも一般的な単語

grant → もらう方がそのものを要請ないし希望していたことを表す

present → “give”より形式ばった単語、贈るものが相当価値のあることを表す

donate → 慈善または宗教上の目的で寄贈する

bestow → 価値のあるもの、または恩恵を無償で与える

confer → 目上のものが目下のもに名誉や特権を与える

PONGのまとめ

english_poem_summary

英語スキルを上げたくない人はいないと思います。ですが、その方法で挫折する方も多いのではないかと思います。秘訣は継続すること。たまには、映画や音楽を見たり聞いたりしながら、肩の力を抜きつつ、息抜きをしながら英語を続けて頂けたら嬉しいです。

ぜひ、ながーく続けてご自身の視野を広げて頂ければ嬉しいです。

この記事がお役に立ちましたらぜひ、シェアして頂けると嬉しいです!

Stephen Pong

関連記事はこちら