投資

BPS ひと株純資産についての基礎知識【英語で学ぶ株式投資】

BPS_Catch_new

株に投資する際にも、M&Aの際にも基本となる指標 BPS(Book Value Per Share)一株当たり純資産はよく使います。
日本語での理解はもとより英語でも説明できるようになれば、外国人投資家とも気軽に会話ができるようになります。
実は、基本的な単語を2、3覚えるだけでBPSを英語で説明できるようになります。
この、記事では英語での解説を読んだ後で英語の問題にチャレンジすることができます。
ぜひ、チャレンジして外国人のお友達との会話のきっかけになれば嬉しいです。

BPS日本語で理解しよう

bps_1

BPS(Book Value Per Share)一株当たり純資産を意味します。

計算式は

BPS=純資産/発行済株式数

純資産は企業の総資産から負債を差し引いた額。

BPSは企業を解散させた時の一株当たりの解散価値。株式投資する際の比較の基準のひとつ。

英語で理解して、問題に挑戦

bps_2

Read the explanation of an investment terminology and answer to the following question.

BPS or Book Value Per Share is an indicator which describes per share value to it’s firm’s net asset value.

The formula of Book Value or Net Asset Value of a firm can be derived from the following –

Total Asset minus All Liabilities.

Formula for Book Value Per Share is the following –

Q1 : What does BPS stand for ?
A : Book Value per Second
B : Book Value per Share
C : Book Value per Asset

Q2 : What is the calculation for Net Asset Value of a firm ?
A : Net Asset Value / Number of shares outstanding
B : Total Asset minus total Liabilities
C : Total Asset minus total Liaibilities minus Intangible Asset

Q3 : What is the formula for BPS ?
A : Total Asset / Number of outstanding shares
B : Total Asset minus Total Liabilities minus Intangible Asset / Number of outstanding Shares
C : Net Asset Value / Total Asset minus Total Liabilities minus Intangible Asset

A : Q1;B Q2;B Q3;B

文頭からの日本語の逐語訳

ここからは、文頭からの逐語訳の日本語スクリプト併用記載で復習。

BPS or Book Value Per Share is an indicator which describes per share value to it’s firm’s net asset value.
BPS 又は ひと株当たり純資産/である/指標/示す/ひと株当たり価値/対して/企業の純資産/

The formula of Book Value or Net Asset Value of a firm can be derived from the following –
公式は/純資産/企業の/できる/導く/以下より/

Total Asset minus All Liabilities.
総資産/引く/総負合計/

Formula for Book Value Per Share is the following –
公式は/ひと株純資産/である/以下の/

Book Value (or Net Asset Value) of the firm divided by the number of the firms outstanding share.
純資産/企業の/割る/数字/企業の/発行済株式/

まとめ

bps_3

BPS=純資産/発行済株式数

純資産は企業の総資産から負債を差し引いた額。

BPS単体で使用するケースは少なく、主に、この指標を基準として他の指標と比較することで割安、或いは、割高の議論に使用。

 

i hope it helps –

stephen pong

外資系企業への英語面接サポート・サービス

外資系企業への英語面接サポート・サービスで不安を解消しましょう!

stephenpong.com では、おひとりおひとりに合わせて

英語面接のサポートをレジュメの作成段階から致します

自分で用意した英文レジュメはこれでいいのかな?

英語面接の質問とその答え方はどう準備したらいいの?

英語の面接に不安を感じる、練習したい?!

これらのお悩みをすべて解決します!

まずは、お気楽に下記フォームからご相談ください!





関連記事はこちら