企業会計

Gross Profit Margin と Net Profit Margin の違いについて英語で学ぶ

https://stephenpong.com/885/

Gross Profit MarginNet Profit Margin 似ているけど、意味は大きく違います。グロスネットは、それぞれ、「」と「正味」という意味。

この記事では、この二つの金融英語の違いについて日本語と英語で解説します。特に、アメリカ株などで資産運用をされる方は、アナリストレポートなどでよく目にします。Anuual Report(10-K)などで、チェックしてみるのもいいですよ。

Gross Profit MarginNet Profit Marginの違いは単純です。

Gross Profit Margin→売上高総利益率

Net Profit Margin→売上高(当期)純利益率

計算式と混同しやすいほかの金融用語、Gross Profit についてもも合わせて解説します。

Gross Profit Margin とは

corporate_growth_1

Gross Profit Margin は、売上高に対する売上総利益の割合をパーセンテージで表示。つまり、売上から売上原価を差し引いた売上総利益の売上に対する割合。

income_statment_grossprofit

上記の損益計算書の売上と売上総利益を使います。このときの、注意点は”売上はNET SALESを使用“すること。

Gross Profit Margin の計算式は

gross_margin_formular

場合によっては、Gross Profit Margin がマイナス指標となる場合もあります。景気の急激な落ち込みや原材料価格の急登などが主要因。これは、単純に、売上総利益がマイナスになっているような場合。この場合、以下のように表現。

売上総利益がマイナス→ Negative Gross Profit Margin

単期の売上高だけではみまない。連続する期の売上高推移をみるが、注意するのは、この数字と各利益が比例して成長しているかを確認する。

Gross Sales と Net Sales の違いについて英語で学ぶIFRS会計基準では売上に相当するSalesには二種類あります。Gross SalesとNet Sales の違いについて日本語で解説します。そのあと、MP3付の音声で英語で解説。理解度チェックの英語のテストもあります。金融知識を日本語と英語で同時に身につけたい方必読。あなたのバリューを底上げします!...

Gross Profit Marginの評価

売上高総利益率:数字が大きければ大きいほど良いとされる。収益性が高いと評価できます。ただし、この数字を押し上げる要因には二つあります。ひとつめは、仕入れた原材料を加工して製品化したときに、どれだけ利益を乗せて販売できるか。代表的な企業としてはApple社のiPhoneなどがあります。製品の市場内での競争力などがわかります。二つめの理由としては材料費や仕入れ費などのコスト削減の努力により利益率が高まる場合です。評価の仕方は同業種の業界平均値との比較及び個別同業者との比較。自社の過去数値の推  移比較。

Gross Profit とも違います

上記の損益計算書の例でも分かる通り、売上総利益のことを Gross Profitと表現します。

ここで、注意することは、Gross Profit は利益額そのものを表しているので、単位は通貨、ドルや円での表示となります。

売上高総利益は利益額そのもの、本業の利益を表す

売上原価の注意点

売上原価は英語でCost of Goods Soldと表示。頭文字だけとって、COGSと通常表記します。

製造業などの主要三大コスト

  •  Materials:原材料
  •  Wages for labors :(製造に直接関わる労働者の)賃金
  •  Depreciation:減価償却費

などが含まれます。ここで、注意が必要なの点は、製造に直接関わる労働者の賃金は含まれますが、営業に関わる営業マンなどの賃金は含まれません。

Net Profit Margin とは

corporate_growth_2

Net Profit Margin は、売上高に対する純利益の割合をパーセンテージで表示。つまり、企業の経済活動で最終的に税金などを納めた後の利益額(或いは、場合によっては損失)を売上高に対して評価する割合。

income_statment_net_income

 

計算式は

net_profit_margin_formular

マイナスになる場合もあるよ!

Net Profit Margin の評価

売上高当期純利益率:もっとも広く見られている数字。数字が大きければ大きいほど良いとされる。同業種に限らず異業種間の企業評価にも使用される。

この利益率を対象企業の属する業界の他社と比較することで、対象企業の収益性が評価出来ます。ただし、同業種同業界でもトップ企業と末端企業では大きな差異があることも事実。

 

まとめ

corporate_growth_3

企業の収益性を計測する指標に:Gross Profit Margin と Net Profit Margin があります。

損益計算書のどの項目を使い計算するのかを英語で直感的にに閃くようにするところまで成熟化して覚えるといろんな場面で役に立ちます。

corporate_english_eye_1
【英語で学ぶ株式投資の基本】企業評価は成長性・収益性・利益率だけ中学で学んだ英語と少しばかりの専門用語で株に投資する際の代表的な指標、収益性・成長性・利益率について学ぶと資産運用の対象範囲は格段と大きくなります。運用対象の範囲が日本市場からアメリカなどの海外市場にまで広がります。資産運用をこれから始める方やもう既にはじめている方必見です!...

この記事がお役に立つようでしたら、ぜひシェアしていただけると嬉しいです!

stephen pong

関連記事はこちら