転職アドバイス

【外資の転職】話題のスタートアップで企業価値1000億円以上への転職

unicorn_eyecatch

外資のスタートアップが意外にも狙い目になってきている。

売上の有無にかかわらず、企業価値がUS$1B($1=¥100換算で1000億円)以上のベンチャーが狙い目。

企業価値がUS$1B($1=¥100換算で1000億円)以上のベンチャーをユニコーンと呼んでいて数多く出現している。

特に、最近のスタートアップ・ベンチャーはユニコーン化するのも早い。

この記事では、ユニコーン化するかもしれないスタートアップ企業の探し方、転職情報のリサーチの仕方・アプローチの仕方などについて解説します。

ユニコーンってどういう会社

unicorns_chart.001

参考元:https://borntobeglobal.com/2020/07/12/unicorn-company/

ユニコーン企業は基本スタートアップベンチャーのことで企業価値のバリュエーションがUS$1BからUS$10B(日本円で1000億円から1兆円 ドル円100円換算)の企業を指します。

ちなみに、それ以上は “ Decacorn US$10BからUS$50B(デカコーン 企業価値 日本円1兆億〜5兆円 ドル円100円換算)”;TITANSはUS$50B以上(企業価値 日本円で5兆円以上 ドル円100円換算)です。

スタートアップ企業の状況にも、ビジネス・アイディアだけの段階から会社として登記済みで既に、ビジネス展開して売上も上がっている状態までの会社まで幅広い。

このような幅広いスタートアップ企業は、基本的には資金調達を続けながらビジネスを成長させているのが実情。

売上が上がり、利益が見込め始めたら調達も一服するかもしれないが、それまでのランニングはある程度調達によりみんな間に合わせている。

ユニコーンになるメカニズム

資金調達の過程で一部の有望なスタートアップベンチャーのなかに企業価値がUS$1B(日本円で1000億円)以上になる企業が生まれる。

メカニズムはベンチャー・キャピタルが投資する際のバリュエーションがバブってることが実情。

低金利を背景とした潤沢資金が投資先を探し歩いている現象。

その一部がテック関連のスタートアップに集中。

もうひとつの理由はGAFAなどのネット勝ち組企業がビジネスモデルや優秀なエンジニアを求めて買収するケースが目立つことも一因。

スタートアップベンチャーのエグジットはIPOするか勝ち組GAFAなどに買収されるかのいずれか。

いずれかの可能性があると判断すると投資家の動きかは早くなる。

バブル原因はこのようなもの。

ユニコーンのリサーチの仕方

そのスタートアップベンチャーが将来有望かどうかの判断基準は株主。

どういう株主構成か判断する。

着目すべき投資家

Y Combinator

y_combinator_1

Y Combinatorはシードマネーを対象のベンチャーに少額投資する企業。

特徴は、そのあと、大手のVCから出資されるように教育していく点。

シードを入れながらモニタリングして成長させていく。

Y Combinatorのサイトには出資済みの企業が一覧で確認できる。

y_combinator_2

このような一覧から関心のある企業を選択して、当該企業のサイトなどの求人情報を確認することはオススメです。

how_to_write_resume_eyecatch
失敗しない英文履歴書|英文レジュメ 外資転職のパーフェクト準備外資系企業への転職を勝ち取るための英文履歴書|英文レジュメの書き方を徹底解説。アクションワードなど使いたいワード一覧付。アメリカ系投資銀行のNY本社と東京支店の両方での勤務経験者が採用担当者の裏側から履歴書のポイントを解説。参考にしてご自身の人生を動かしてもらえたら嬉しいです。...

Angellist

angejlist_1

エンジェルリストというスタートアップ企業にとってのポータルサイトがあります。

このサイトでは。資金調達を希望する企業と資金を出すエンジェルのマッチングをおこなっています。

ともに、登録することで、利用できる設計となっている。

このサイトにも、既に出資済みのスタートアップ企業が一覧となって閲覧できるだけではなく、各スタートアップごとの募集要項も閲覧できる。

angejlist_2

このような、スタートアップポータルを活用してオンラインでアプライすることもオススメです。

面接で必ず聞かれる質問
外資面接で必ず聞かれる定番の全10問 完全MP3付き 準備と対策外資への転職面接で必ず聞かれる質問と絶対に言ってはいけない回答など、対策について模範解答付で解説。MP3付と動画で自宅で練習することも可能。英文履歴書の作成と合わせて準備することで結果を引き寄せられますよ。リーマン・ブラザーズやメリルリンチに勤務していた当時の面接官としての経験で知り得たことを解説します。 ビジネス英会話の実践的な場面シリーズ。ビジネススクール留学希望者やMBA取得者などが外資系に転職する際の実務的な英会話を紹介。英文のあとに日本語の逐語訳を文頭から掲載。英会話のコツは文頭から理解する習慣を身に付けること。...

どんなハード・スキルが求められるのか?

ハードスキルは:

  •  テクノロジー
  •  プロダクト
  •  デザイン
  •  セールス&マーケティング
  •  ファイアンス

などで、この分野で経験があれば、ぜひチャレンジすることをオススメします。

どんなソフト・スキルが求められるのか?

  •  Problem Solving

真っ先に必要なソフトスキルは問題解決能力。

特に、スタートアップは目まぐるしく状況が変わり、同時に大小の問題も常に発生します。

瞬時に問題を解決する能力は必須。

  •  Group First Spirit

外資ではチームワークが求められるが、スタートアップでは特に、スモールチームでのチームワークが求められる。

Be Positive, Be Supportive, Be Motivated and Be Honest & No Blamer…

メンバーが少ない小さな単位で毎日仕事をするので、気分よく仕事をする空気をみんなつくるように心がけている。

  •  Adaptability

状況はつねに目まぐるしく変わる。

状況変化に対して柔軟に瞬時に適応対応できる柔軟性は必須スキル。

success_jobhunting
外資の英語面接 ウラの裏「あなたについて教えてください」は要注意英語の面接で必ず聞かれる「あなたについて教えてください」。僕がリーマン・ブラザーズやメリルリンチなどで人事部と共同で実施した面接を根拠にしてウラの裏を解説。この記事を読んでいただければ自己紹介の準備の流れがわかります。一般的な自己紹介と外資の英語面接の準備の違いについて解説。キャリアアップ希望者必読です! ...

外資転職PONGのまとめ

まとめイメージ_image

外資の転職はエンドレスな転職を続けながら、テッペンを目指すか、或いは、仲間を見つけて競合他社に好条件で転職するか起業するかのいずれか。

そういうなかで、最初からSOなどでキャッシュインが期待できそうなテック系スタートアップに割り切って転職することは合理的かもしれない。

転職条件やスタイルもウィズ・コロナとともに変容している。

外資であろうが日系であろうが、仕事に対する「やりがい」などはどうでもよい。

基本的には、アウトプットの仕事とインプットの収入とが心地よくバランスしているところにヒトは集中する。

いま、インプットが期待できなくても、早う段階で期待できるのであれば、スタート・アップもありよ。

Stephen Pong

外資系企業への英語面接サポート・サービス

外資系企業への英語面接サポート・サービスで不安を解消しましょう!

stephenpong.com では、おひとりおひとりに合わせて

英語面接のサポートをレジュメの作成段階から致します

 

自分で用意した英文レジュメはこれでいいのかな?

英語面接の質問とその答え方はどう準備したらいいの?

英語の面接に不安を感じる、練習したい?!

これらのお悩みをすべて解決します!

まずは、お気楽に下記フォームからご相談ください!





 ごく稀に、返信メールがお客様の迷惑フォルダに紛れ込んでいる場合がありますのでご注意ください。