外資面接

【外資の英語面接】わかりやすい目的別オススメ逆質問【英文例付き】

外資の英語面接_逆質問_eyecatch

外資の英語面接では準備がすべて。

ただ、外部からの対象企業に対する調査やリサーチにも限界は確かにあります。

見えてこない点やことばでは理解できない点などいくつかります。

面接をこのまま進めていいのかどうか?

オファーが出たときに受諾していいいのかどうか?

あなたが応募企業・ポジションにふさわしいかどうかを判断するため、企業側の採用担当者があなたについて面接で質問します。

同じようにあなたも応募企業について質問をすることをオススメします。

双方にとって、あとで無駄な時間を費やさないためにも、面接では双方が真剣に評価しあう場にすることが重要。

【外資の英語面接】目的別オススメの逆質問

逆質問

逆質問は目的に応じて変わってきます。

業務に関する質問が中心ですが、それだけではありません。

あくまでも、面接をこのまま進めていいのかどうか?

本当に応募している企業やポジションが自分にとってふさわしいのかどうか。

この点を確認することが逆質問の最大の目的です。

逆質問の目的・理由

逆質問の目的と理由の主なものはー

 判断材料をふやすこと。

 自身に関する見落としについて?

 外部からのリサーチには限界があるので直接確認。

このまま、面接を進めてもいいのかどうか?

オファー(内定)が出たときに受け入れていいのかどうか?

このような不安を解消するために面接中に質問をします。

これから転職しようとする企業調査はMUSTです。

そのために、OB・OG・友人などと会って直接聞くことなどもします。

ですが、外部調査にも限界があります。

雰囲気やどういう人たちと一緒に仕事をするのか?

こういった内容は直接、対象企業の人事部の方や対象部署の管理者から聞くのが確実です。

当然、あなたも同じ業界の他社の面接を並行して進めているかもしれません。

あなたが提出したレジュメと応募ポジションに求められるスキルがミスマッチしていないのかどうか?

同業界他社にも類似ポジションで応募していれば、万一、ミスマッチがあるときには質問することで他社面接の事前対策にもなります。

web_interview_eyecatch
【外資のWEB面接】第一印象をよくするコツと英語フレーズ【英文例付】外資のWEB面接ではさまざまなことに注意を払う必要があります。如何に面接官に対する第一印象を上げることも重要なこと。面接開始30秒で印象は決まると言われますが、実は面接終了間際の30秒もそれ以上に重要な時間。ここであなたが築いた印象も全て決定し面接官に深く・強く定着します。この記事では、外資のWEB面接での印象の上げ方のコツとフレーズについて解説。外資転職予定者必見です!...

逆質問の対象範囲と注意点

質問の対象範囲はー

 企業文化、部署文化やチーム文化

 具体的な業務、部署やチームに関する内容

 評価手法や制度

 自身のレジュメや業務経歴について

 面接自体の進行プロセス

注意点としては、福利厚生や研修制度などについての突っ込んだ質問は避けた方がいいです。

合わせて、リサーチすればすぐに分かるような質問をすることもNG。

難しい質問や答えに窮するような質問をしてもあなたの評価にはつながりません。

質問に対して、YES/NO で答えられるようなクローズドな質問はNGです。

目的別 逆質問の英文例

判断材料を増やす質問 企業について

What do you like about working for this company ?

意味:この会社のどんなところが好きで働いているんですか?

この質問は面接官に対して行います。

外部からのリサーチではわからない、内部にいるヒトならではの視点からの企業文化などを聞きます。

What types of individuals are successful here ?

意味:この会社で成功するヒトはどんなタイプのヒトですか?

これも企業文化や風土などに関する質問。

Do you have any “Remote-Working Guidelines” ?

意味:リモートワークの社内のガイドライン(服務規定)などありますか?

Do you have any Evaluation system solely for remote workers ?

意味:リモートワーカー専用の評価システムなどありますか?

リモートワークには限界があることもわかってきています。

そのような中、リモートワークに関する規定や評価制度を確認することは非常に重要です。

判断材料を増やす質問 部署や応募ポジションについて

Why has this position become available ?

意味:なぜ、このポジションに空きがでたのですか?

How long has this position been available ?

意味:このポジションはどのくらいの間、ヒトを募集していたのですか?

この質問の意図は前任者が退職したのか新たに設立された部署なのかを確認する質問です。

What was the reason behind for the departure ?

意味:退職の理由はなんですか?

前任者が退職したなら理由を聞きます。

Job Descriptionには記載できないポジションに関するネガティブな点があるかもしれません。

What made the firm to create this position ?

意味:なぜ、会社はこのポジションを新設したのですか?

新設のポジションであれば、設立理由や業務拡大なのかどうかを確認します。

応募するポジションに関する質問

以下の紹介する質問はどれも、応募するポジションや部署に関する質問。

外部リサーチでは調査しきれない情報なので確認して、今後進めるのかどうかの判断材料します。

Can you tell me about the team I’ll be working with ?

意味:いっしょに働くチームについて教えてください。

Who will I be working most closely with ?

意味:誰といちばん働くことになりますか?

What do you see as the most challenging aspect of this role ?

意味:この業務(ポジション)でいちばんやりがいのあるのはどういう点ですか?

Can you describe me a typical day-to-day responsibilities of this job ?

意味:典型的な日のこの業務内容について教えてください。

What are some of the challenges you’ve seen people in this role or on this team encounters ?

意味:この業務やこのチームが直面する最もやりがいのあることはなんですか?

What do you think are the most important qualities for someone to excel in this job ?

意味:この業務で成功するのに最も重要な資格はなんだと思いますか?

What can you tell me about the job apart from what was in the Job description ?

意味:募集要項の記載内容とは別にこの業務について教えてください。

How many people will I be working with ?

意味:何人くらいのヒトと一緒に働くことになりますか?

How  will my success be measured in this role ?

意味:わたしの実績はどのように評価はされるのでしょうか?

How are employees recognized for their hard work ?

意味:従業員は自身の努力をどのように認めてもらっているのですか?

How often do you evaluate employee performance ?

意味:従業員のパフォーマンスはどの程度の頻度で評価されますか?

自身のレジュメや業務経歴について確認質問

Is there anything about my experience or resume that makes you question whether I am a good fit for this role ?

意味:今回のポジションに相応しくないと思われるようなことが、わたしの経験やレジュメにありますか?

Do you have any concerns about my qualifications ?

意味:わたしの経験で気になることがありますか?

同業種他社などの類似のポジションに応募する場合、この質問をすることで対策にも繋がります。

あなたの気づいていないマイナスポイントがないのかどうかを確認します。

10words_eyecatch_2
わずか単語10個で乗り切れる外資の英語面接 【外資転職初心者用】外資の英語面接で面接官が確認するポイントは3つ。 ・やる気・積極性 ・チームワーク ・責任感 3つのポイントをうまく相手の面接官に伝えられれば採用は近づきます。 この記事では、これらの確認ポイントを効果的に相手に伝えられる英単語を紹介。 たったの、10個の英単語をうまく使えばOKです。 外資の英語面接初心者の方は必見ですよ!...

面接のプロセスに関する質問

What is the next step after the interview ?

意味:面接のつぎのステップはどのようになっていますか?

How long does your recruitment process usually take ?

意味:採用までの時間は通常どのくらいかかりますか?

定番の面接プロセスに関する質問。

並行して他社面接も進めている場合は必ず確認するようにしましょう。

積極性をアピールする依頼質問 基本

Will I have an opportunity to meet with team members or the manager ?

意味:チームのみなさんやマネージャーと会う機会などありますか?

人事部などの管理者との面接であれば、この質問をして応募部署の人たちと会う機会をもらいましょう。

これから一緒に働くひとがどういう人たちなのかは一目瞭然でわかります。

積極性をアピールする依頼質問 上級

Interview was only XX minutes, and you’re going to make a judgement.

This interview is an important one for me. I understand that you’re busy, 

however, would you ask more questions so the you can know me better and make a fair judgment? 

意味:面接はXX分でした。それであなたは評価されます。この面接はわたしにとっては重要です。お忙しいのはわかりますが、正当に評価していただくためにも、もう少し質問をしていただけないでしょうか?

この手法は、面接過程で面接官と相性が良さそうであればオススメですが、逆に相性がいまひとつであればNG。

interview_checklist_eyecatch
【外資の英語面接】オススメのチェック・リストを使った直前確認 外資の英語面接は準備がすべて。面接までこぎ着けているということは、少なくとも、あなたのハードスキルは要件を満たしているとうこと。採用不採用はあなたのコミュニケーション・スキルなどのソフトスキルで決まる。この記事では、あなたの外資の英語面接の準備が十分かどうかを最終チェックできます。このチェックで問題が見つかれば、面接日までに修復しましょう!そして、オファーを引き寄せましょう!...

外資転職PONGのまとめ

まとめイメージ_image

外資を避けたキャリアアップはありません。

積極的に自分を試すためにも、そして試したあなたの実績を正当に評価してくれる意味のあるキャリアプランを立てましょう。

 

Stephen Pong

外資系企業への英語面接サポート・サービス

外資系企業への英語面接サポート・サービスで不安を解消しましょう!

stephenpong.com では、おひとりおひとりに合わせて

英語面接のサポートをレジュメの作成段階から致します

自分で用意した英文レジュメはこれでいいのかな?

英語面接の質問とその答え方はどう準備したらいいの?

英語の面接に不安を感じる、練習したい?!

これらのお悩みをすべて解決します!

お気楽に下記フォームからご相談ください!

人生を動かしましょう!





 ごく稀に、返信メールがお客様の迷惑フォルダに紛れ込んでいる場合がありますのでご注意ください。