転職アドバイス

【2022年版】外資の1月転職 対策と注意点 正しい転職理由とNGな転職理由

s-curve_eyecatch

外資の1月転職は注意が必要。

年末に実施されたパフォーマンス・レビューに納得のいかなかったヒトが転職を真剣に考え始めるのがこの時期。

そういう理由での転職はNG。

転職には実は正しい理由というものがあります。

それが、”S Curve” に基づいた転職理由。

s-curve-image.011

経営思想家のチャールズ・ハンディが1990年代半ばに組織や個人の開発に応用した考え方でライフサイクル思考やシグモイド曲線とも呼ばれるものです。

参考

Charles Handy
詳細書籍:The Empty Raincoat: Making Sense of the Future (English Edition)

McKinsey&Company:Shaping individual development along the S-curve

時間と成長の相関関係から転職のタイミングを明確におしはかる考え方です。

あらたな企業に転職した直後は業務手順になれたり、環境に適応したり、また、社内のヒトたちとの関係構築などに時間がかかります。

s-curve-image.017

時間経過の割合に比べて成長度合いが低い時期があります。

つぎに、転職後数ヶ月から1、2年のあいだには、自走が可能となり、あらたな学びの対象領域も少なくなっていきます。

s-curve-image.022

この期間は時間の経過以上に成長の度合いが高くなります。

そして、転職後1、2年から数年後には、管理者としてのスキルアッアが求められるようになり、新たな学びの対象は自身で設定する必要がでてきます。

s-curve-image.026

この期間は転職直後と同様、時間の経過の割には成長度合いが低くなります。

“S Curve”曲線には節目が3箇所あります。

s-curve-image.027

これは、転職後の経過期間ではなく、

時間の経過と学びに伴う成長度合いの関係で見ていく必要があります。

s-curve-image.030

結論は、学ぶ内容がなく成長が期待できないと判断したときに転職について考えはじめるのが「正解」です。

s-curve-image.030

つまり、業界・業務の知見を完全性はしてから、転職について検討しはじめるということです。

ただし、いきなり転職を検討するのではなくて、まず検討すべきことは;

 社内の他部署への異動

 本社への異動

 海外の別支店(APAC統括支店)などへの異動

この3点に絞り込んでまず考えます。

異動に興味や関心がなく、あるいは、実現が困難な場合はじめて考えるのが転職です。

ただし、その場合意識すべきことは、つぎのS Curveが期待できる転職です。

s-curve-image.045
業界変え転職_eyecatch_final
【2022年版 外資の業界変え転職】手順を4つのステップで解説 終身雇用がなくなり、経験や実績よりも、感情知能(Emotional Intelligence)や新しいテクノロジー・やアプリなどを使える “Agility(機敏性)” が重視される時代。 Critical Thinking, Problem Solving Ability そして、Can Do Attitude を前面に出していく必要が求められる。 この記事では、業界を変えての転職をする場合の手順と注意点について解説します。 いまいる業界が?と思う方ー 理由はともかくとして、業界を変えてキャリアパスを再設計したい方向けです。...

それをしなければ、ネガテイブ S Curveへと移行して時間の経過とともにマイナス成長していきます。

s-curve-image.049

 いままで積み上げてきた知見の切り売りを行う為、すぐに陳腐化していくということです。

s-curve-image.051

やがて、

 給与のやすい後輩社員にまかせる判断をしたり、

 AIが業務をリプレイスしたり

 リムーブされたり

Books_eyecatch_new.002
キャリアアップへの近道 外資転職無双マニュアル ダイジェスト版 紹介外資転職無双マニュアルのダイジェスト紹介の記事です。 外資に転職するには準備が必要。レジュメの用意だけでは不十分です。応募するポジションのチームメンバーと事前に情報交換できると無駄な転職活動をしないためにも重要です。LinkedInからのターゲット企業・チームへの事前アプローチもやってみましょう。 実績の洗い出しをするときの注意点は実績を出すまでの経緯からの学びを深掘りできているかどうか。この学びに気づいていると面接での回答内容も大きく変わります。 これから外資に転職を希望する方必読です!...
s-curve-image.055

 本当の転職は、いまのあなたが “S Curve” のどの位置にいるかを確認します。

s-curve-image.057

 つぎに、その部署での学びや成長が期待できなくなったと判断したらー

s-curve-image.059

 最初に考えることは社内外での異動。

s-curve-image.042

 社内の他の部署への異動

 本社への異動

 海外の別支店(APAC)への異動

これらを最初に検討する。

 異動に関心がなかったり、異動が無理だと判断したら、次のS Curveが期待できる転職を行うことです。

how_to_write_resume_eyecatch
失敗しない英文履歴書|英文レジュメ 外資転職のパーフェクト準備外資系企業への転職を勝ち取るための英文履歴書|英文レジュメの書き方を徹底解説。アクションワードなど使いたいワード一覧付。アメリカ系投資銀行のNY本社と東京支店の両方での勤務経験者が採用担当者の裏側から履歴書のポイントを解説。参考にしてご自身の人生を動かしてもらえたら嬉しいです。...
s-curve-image.062

これが正しい転職の考え方。

ぜひ、参考にしてみてください!

stephen pong

外資系企業への英語面接サポート・サービス

外資系企業への英語面接サポート・サービスで不安を解消しましょう!

stephenpong.com では、おひとりおひとりに合わせて

英語面接のサポートをレジュメの作成段階から致します

 

自分で用意した英文レジュメはこれでいいのかな?

英語面接の質問とその答え方はどう準備したらいいの?

英語の面接に不安を感じる、模擬面接で練習したい?!

これらのお悩みをすべて解決します!

お気楽に下記フォームからご相談ください!

人生を動かしましょう!





 ごく稀に、返信メールがお客様の迷惑フォルダに紛れ込んでいる場合がありますのでご注意ください。