外資の実情

外資必須スキル 外資のコミュ術 入門書 ダイジェスト版で内容紹介

外資のコミュ術_eyecatch.001

外資の評価は実績などのアウトプットばかりとは限りません。

どうしても、実績を上げるためのハードスキルに注目が行きがちです。

確かに、実績で評価はされますが、実はそれ以上に重視しているのがコミュニケーションです。

まわりとのコミュニケーションをみています。

理由は、外資では個人の実績よりもチームであげる成果の方を重視するからです。

チームで成果をあげるには、個人個人のモチベーションを常に維持する必要があります。

ことばひとつで相手のモチベーションも大きく変わります。

特に、上にたつリーダーならチームのパフォーマンスを如何に押し上げるのかが求められます。

こういうときもワードチョイスのスキルが要求されます。

この書籍では私がモルガンスタンレー証券やリーマンブラザーズ証券の各NY本社で実際ともに働いたトップパフォーマーの考え方、コミュニケーションの取り方や使用していたフレーズや単語を思い出せる限り紹介します。

外資のコミュ術 入門書 ダイジェストで要点紹介

外資のコミュ術

好感度が良ければヒトが自然に集まるようになり、活躍できるチャンスが舞い込んできます。

彼ら、トップパフォーマーが実践していることは3つ。

・“Diplomatic English” の会話

・“Intensifier・Qualifier” の積極使用

・“Business Ship と Friendship” の絶対区別

この3つだけ。

いきなり感情をそのままことばにするのではなく、抑えた表現をする。

ファミレスのテーブルが汚れていたりしたら、

“Table is dirty!”

とは、言わずに

“Table is not clean.”

というふうに言い換えます。

このちょっとした、ワードチョイスだけで相手の感情も変わります。

喜んでテーブルをきれいにしてくれます。

外資の職場でも同じです。

空港などでよく聞くフレーズに

“There may be a slight delay …”

ちょっと、遅れるかもしれません。。。

いきなり、

“There is a delay …”

と言わないのもおなじ。

そのうえ、“may”や“slight” などの“Intensifier・Qualifier” を使用することで

意味を強調したり制限したりして聞き手の感情をうまくマネージしています。

このような工夫が会話に求められ、気づいている外資のハイパフォーマーはキャリアを上げていっている傾向にあります。

このような、表現は難しくはありません。

あなたにもすぐに始められるます。

👉書籍

この書籍の内容を最後に紹介しておきます。

第1章 外資のコミュニケーションの基本
第2章 Diplomatic Englishへの切り替え
第3章 Intensifier と Qualifier の積極使用
第4章 Business Ship Friend Ship の絶対区別
第5章 職場で絶対に使ってはいけない英単語・フレーズ
第6章 積極使用オススメ英単語とフレーズ

 

いまからでも、すぐに実践できる英単語・フレーズ・考え方を紹介しているので
ぜひキャリアアップに役立てて、高みを目指してください!

Stephen Pong

外資系企業への英語面接サポート・サービス

外資系企業への英語面接サポート・サービスで不安を解消しましょう!

stephenpong.com では、おひとりおひとりに合わせて

英語面接のサポートをレジュメの作成段階から致します

自分で用意した英文レジュメはこれでいいのかな?

英語面接の質問とその答え方はどう準備したらいいの?

英語の面接に不安を感じる、練習したい?!

これらのお悩みをすべて解決します!

お気楽に下記フォームからご相談ください!

人生を動かしましょう!





 ごく稀に、返信メールがお客様の迷惑フォルダに紛れ込んでいる場合がありますのでご注意ください。