求人の情報収集

海外でキャリアアップ転職したいヒト向けの求人情報に役立つオススメサイト

思い切って海外で働くこともいいですよ。あなたの価値が改めて評価されなおす機会になります。

このカテゴリーサイトでは、海外に転職する場合の求人情報に役立つオススメサイトを紹介。

海外オススメ求人サイト

career_search_firms

上場している海外の企業からスタートアップベンチャーまでサイトに応じて特色が異なりますので、あなたにあったサイトで求人検索することをオススメします。

上場企業の求人調査

jobseek_eyecatch
キャリアアップに外資は必須 海外オススメ求人サイト【全22サイト】外資を避けてのキャリア設計は存在せず、転職と副業が当たり前の時代、個人のブランド価値を高めるのかがキモ。海外で働くことは、誰もコピれない視野と人脈が手に入る。英語を気にせず、今あるスキルを高く評価してくれる海外の求人サイトのオススメを22サイト紹介。キャリアアップをしたい方は必見!...

個別相手先企業の調査

ターゲットの転職先の会社がすでにわかっているような場合であれば、情報収集にオススメのサイトがこちらー

selfsale_eyecatch
転職は相手企業の弱点に自分を強烈に売り込むセールス 弱点探しがキモ外資の転職は相手企業の弱点の洗い出し。その弱点に自分を強烈に売り込むセールスです。相手企業の調査に有益なサイト厳選9サイトを紹介。外資へに転職を検討しているのであれば、まずは業界や相手企業の調査から始めることをオススメします!...

転職は情報収集が肝心。相手企業の実情を詳しく調べ上げて準備することが転職を勝ち取るためのキモ。

転職エージェント経由もあり

転職エージェントはクライアント企業について熟知しています。ただし、これは、担当者次第のところがあることも事実。

real_business_communication_lesson_7
失敗しない転職エージェントとの正しい付き合い方【経験者談】失敗しない転職エージェントとの正しい付き合い方について解説。ひとくちにヘッドハンターや転職エージェントといっても規模、外資系・日系などがあり、それぞれに特色があります。彼らをどのように活用して付き合っていけば採用につながるのかを自身の経験から解説します。 転職を真剣に検討している人だけに限らず転職の意思のない人にも必見。 ...

求人情報の収集の仕方もいろいろとあります。必ずしもよい結果につながらなくても、面接などを通じて関係構築はあなた自身の財産にもなります。

実際、採用にはつながらなかったけど、日本市場を開拓してあげたおかげで日本法人の代表になったヒトもいます。人間関係、特に外人とのビジネス関係は良好な状態に維持することはオススメ。”Don’t burn your bridge.”

Stephen pong