外資面接

【外資の二次面接】給与質問の正しい準備・回答・注意点 英語フレーズ付き

2nd_interview_salary_eyecatch

外資の二次面接で面接官から給与などの質問が出たら、採用への可能性が一段と高まった兆しです。

ですが同時に、この質問は非常にトリッキーな質問でもあります。

ある意味、あなたは “Yes or No” で回答することが求められます。

結論は、

 提示金額を受け入れる

 (面接を進めることを含めて)断る

 交渉する

一次面接では、ぼやかした回答をすることが求められますが、二次になると明確な意思表示をする必要が出てきます。

この記事では、二次面接での給与質問の正しい準備・回答・注意点を実際の英語フレーズを使って解説していきます。

外資転職希望者向けの記事です!

second_interview_eyecatch
【外資の二次面接】ポイントは2つ 対策・準備・必須英語フレーズ外資の二次面接で面接官が確認することは、① 応募しようとしているポジションに求められるハード・スキルの信頼性と再現性。それから、② あなたと採用する企業がベストマッチかどうか。この2点のみです。二次面接に進んでいるということは、ある程度あなたのハードスキルは要件を満たしていると思われています。ですが、当然これだけでは、不十分。この記事では、二次面接を乗り切る具体的な英語フレーズを信頼性・再現性やベスト・マッチのプレゼンテーション別に紹介しています。外資転職希望者は必見ですよ!...

【外資の二次面接】給与質問の正しい準備と対策

2nd_interview_salary_1

ルールは自身から給与の話は持ち出さないこと、あくまでも、面接官から聞かれてはじめて回答します。

あくまでも、一次面接と二次面接で逆質問をして、オファーが出たら受け入れるかどうかの判断ができる材料をすべて把握済みであることが前提。

給与質問時の交渉はシンプルに且つ手短に

あまり、ごちゃごちゃ交渉し過ぎるとオファーは遠のきます

 

この点に注意しましょう!

外資の二次面接の給与質問の意図

二次面接に進んでいるということは、

 ハードスキルが要件を満たしていて、その信頼性と再現性・具現性の確認

 あなたが “Good Fit 以上に Best Match” の確認。

すべて、OKであれば、あなたとを採用するにあたっての詳細な条件を詰めていきます。

双方納得しての採用でなければいけないので、当然確認してきます。

示した条件で受け入れてもらえるのかどうかを面接官は確認します。

 採用担当者の懸念はハッピーな条件なのか、一応、OKだが、他社からオファーが出たら過ぐにやめてしまうのか。

この点を見極めます。

もちろん、後者の例のように数ヶ月で他社によりよい条件提示で転職する自由もあります。

ですが、わたしの経験から言うと、オススメしません。

 レジュメに記載しなくてもいいからなどの理由より同じ業界で今後とも働いていくキャリアパスを描いているのであれば、必ず、将来ネガティブ・バッティングします。

将来、このことがなたのネガティブな評価になるリスクがあります。

ですから、早い段階で、Yes・No を明確にすることをオススメします。

外資の二次面接の給与質問の準備と対策

提示された給与金額が受け入れ可能な水準であれば、そのまま、オファーが出るのを待ちましょう。

ですが、給与水準が受け入れ難い場合に備えて交渉用の材料を準備する必要があります。

交渉準備に必要な材料を揃える情報は3つです。

 応募している業界の応募しているポジションの適正な給与レンジを洗い出す。

 あなたのバリュー価値を論理的に説明できるようにしておく。

 給与以外の福利厚生などの “Benefit” 諸材料を洗い出す

5つのステップで解説します。

 ステップ1

オンラインなどの転職エージェントサイトからおおよそのレンジを把握します。

同一業界・同一業種で同一ポジションから大凡のレンジを収集。

同時に平均給与金額も算出しておきます。

2nd_interview_figure.001

 ステップ2

今回提示されている給与の水準がそのレンジの下位なのか上位なのか。

その点が検討する際の基準点になります。

2nd_interview_figure.002

 ステップ3ーその1

平均給与金額と提示給与の差額を算出

2nd_interview_figure.003

 ステップ3ーその2

提示給与金額が平均給与金額以下の場合のあなたの対応は3つ。

 提示金額の増額を求める

 増額に見合うタイトル・役職を求める

 応募を取りやめる

2nd_interview_figure.004

 ステップ4 ここからが重要

あなたのスキルや経験から新しい会社に提供できるアウトプットを経済的な数値に置き換えておく。

対象企業・部署が抱えている問題や課題に対してあなたの貢献度を金額として算出。

2nd_interview_figure.005

例えば、営業職であれば新規顧客を連れてきて、$○○の売上を見込めるなどの信頼できて再現性のある交渉要件を準備しておきます。

ですが、プロダクションセンターとは異なり、コストセンターなら、経費の削減寄与や時短による業務効率への寄与などを経済的な数値に置き換えて説明する必要があります。

 ポイントは、頭数を減らせるのであれば、その分があなたの寄与度になり、経済的な数値に置き換えることができます。

つまり、見えない寄与は見えるものに置き換えて表現するもがオススメ。

このほかには、高価なシステムのリプレイスなどがあります。

2nd_interview_figure.006

 ステップ5

あなたの貢献度が当然高いと対象企業は考えているので採用に踏み切ろうとしています。つまり、彼らの課題克服の希望以上の貢献部分があなたの交渉材料でありターゲットの給与水準になります。

2nd_interview_figure.007

福利厚生などの “Benefit” 諸材料

給与以外の特典を洗い出しておきます。

 リモートワーク常時OK

 フレックス勤務OK

 オンラインMBAなどの外部の研修費の負担

このような特典についての有無を事前に逆質問時に確認しておく必要があります。

外資の英語面接_逆質問_eyecatch
【外資の英語面接】わかりやすい目的別オススメ逆質問【英文例付き】外資の英語面接では準備がすべて。ただし、外部からの対象企業に対する調査やリサーチにも限界はあります。面接をこのまま進めていいのかどうか?オファーが出たときに受諾していいいのかどうか?採用担当者はあなたのスキル・経験やふさわしいかどうかを判断するため面接で質問します。同じようにあなたも企業やポジションを評価するために質問をすることをは当然です。...

【外資の二次面接】 給与交渉の戦略戦術

2nd_interview_salary_2

 交渉時の『力(ちから)関係』の把握が重要。

設定状況は給与交渉した結果ー

 あなたの希望が通る場合

 あなたの希望額より低い額しか出せそうにない場合

この2つの状況で解説します。

の場合は、希望した金額が出ればあなたはオファーを間違いなく受け入れることを伝える。

の場合は、その提示額を受け入れたら、オファーを間違いなく文書で出してもらえることを確認する。

外資の二次面接 給与質問の交渉英語

提示金額に対して不満をぶつけるのは当然NG。

あくまでも、冷静な会話を行います。

ケース1:そもそもの提示金額が受け入れ可能な場合

交渉するまでもなく、もともと提示されていた給与金額が受け入れ可能なとき。

40代 女性
40代 女性

I’m satisfied with the figures that you showed me.

【注意】“figures”:給与の金額をさす。

40代 男性
40代 男性

Compensation is acceptable.

【用法】:“Compensation” の代わりに、“Package” や “Salary” などの用語の使用もOK。

ケース2:提示金額が受け入れ不可で増額を希望する場合

交渉時のポイントは、面接官である相手に対して絶対に “Yes・No” で答えさせないこと。

つまり、常に、オープン・クエスチョンで交渉する ということです。

面接官である相手が “No” と、答えた瞬間、あなたは決断を迫られます。

例1:提示金額が$55,000で市場のレンジが$60,000〜$65,000な場合

【レンジの下限でOKな場合のフレーズ例】

20代 女性
20代 女性
“From what I understand, I would say the compensation range for this role is somewhere between $60,000 and $65,000 annually. So that would be my expectation for this role. I would like to consider if the compensation falls within the range.”
20代 男性
20代 男性
“The average salary for this position with my level of professional  experience would probably be somewhere between $60,000 and $65,000, so that would be my salary expectation for this role.”

【注意点】明確な金額は明言ぜすにあくまでもレンジ内であればOKの旨を伝えます。

【レンジの上限を希望するときのフレーズ例】

20代 女性
20代 女性
“For this role, I expect a salary between $60,000 and $65,000 annually. From my experience and skill set, I am confident to deliver more than you expect. I simply consider the compensation to be at the higher end of the range.”
20代 男性
20代 男性
(“I think) It would be fair to say that the range for this role shall be in between $60,000 and $65,000. From my professional experience and skill set, I think I would fall somewhere close to the top end of the range.”

【注意】“Value”の算出が完了していることが前提。会社の期待以上にあなたの貢献度が高いことを論理的な裏付けで説明出来ている。明確な数字の明言は避ける。

【レンジの上限を希望したが、それ以下の水準の回答のときのフレーズ例】

 面接官があなたの希望の増額は無理だと回答して希望金額より若干低めの金額を提示した場合。

例1:当初の提示金額が$55,000。市場のレンジが$60,000〜$65,000。あなたの希望はレンジの上限の$65,000だが、面接官は$62,500を再提示。

【ポイント】あなたが$62,500の提示額を受け入れられるのであれば、オファーが間違いなく文書で出るのかを確認。

20代 男性
20代 男性
If I accept the number, may I have a written offering letter ?

【注意点】オファーレターは必ず文書でもらうようにしましょう。人事部長などのサイン入りの相手企業のレターヘッド仕様。

例2:どうしても、$62,500から増額出来ない場合は福利厚生などで企業側に譲歩を求める。

30代 女性
30代 女性
“Besides the base pay, what other benefits are negotiable?”

ほかの交渉材料としてー

 タイトルなどの役職を求める

30代 男性
30代 男性
“Would it possible to have a higher title ? Like Assistant Vice President ?”

【注意点】ノンタイトル→VPはさすがに、相手企業も受け入れは厳しいと思います。中間の “Assistant○○” レベルが妥当。

 将来の昇給やボーナスなどの評価方法などを確認しておく

40代 女性
40代 女性
“What’s the outlook for salary raises or promotions?”
40代 男性
40代 男性
“What metrics do you use to evaluate the success of employees?”

このような聞き方をして確認することオススメします。

 いずれにしても、提示金額をあなたが受け入れるかどうかで決まります。

ごちゃごちゃ交渉しない方が、転職後のチームへの合流がスムーズになり、気にいられます。

 交渉し過ぎると、逆にオファー自体は遠のく可能性も出てきます。

このあたりの潮目の見極めは重要。

interview_checklist_eyecatch
【外資の英語面接】オススメのチェック・リストを使った直前確認 外資の英語面接は準備がすべて。面接までこぎ着けているということは、少なくとも、あなたのハードスキルは要件を満たしているとうこと。採用不採用はあなたのコミュニケーション・スキルなどのソフトスキルで決まる。この記事では、あなたの外資の英語面接の準備が十分かどうかを最終チェックできます。このチェックで問題が見つかれば、面接日までに修復しましょう!そして、オファーを引き寄せましょう!...

外資転職PONGのまとめ

まとめイメージ_image

転職する以上、気持ちよく働きたいものです。

月々の給与は当然重要です。

転職時の面接ではしっかりと、内容は確認しておきましょう。

二次面接時の給与交渉は手短にスピーディーに行います。

あなたから面接官に質問する場合はオープンクエスチョンを意識。

あまり強気にならず相手の出方を見ながら、むしろ転職後の昇給やボーナスで反映させるようにしましょう!

はやく、オファーをもらって、チームに合流してスタート・ダッシュを切りましょう!

Stephen Pong

外資系企業への英語面接サポート・サービス

外資系企業への英語面接サポート・サービスで不安を解消しましょう!

stephenpong.com では、おひとりおひとりに合わせて

英語面接のサポートをレジュメの作成段階から致します

自分で用意した英文レジュメはこれでいいのかな?

英語面接の質問とその答え方はどう準備したらいいの?

英語の面接に不安を感じる、練習したい?!

これらのお悩みをすべて解決します!

お気楽に下記フォームからご相談ください!

人生を動かしましょう!





 ごく稀に、返信メールがお客様の迷惑フォルダに紛れ込んでいる場合がありますのでご注意ください。