外資面接

【外資の英語面接】準備の基本とコツ3選

eyecatch_english_interview

外資の英語面接は準備がすべて。

準備に手抜きがあると、転職は永遠に引き寄せられません!

この記事では『外資の英語面接の準備の基本とコツ3選』について解説していきます。

準備の基本その1:リサーチ

preparation_interview_research

当たり前ですが、リサーチは重要。

対象企業やポジションについてリサーチするのですが、

リサーチが甘い人が結構多いです!

リサーチの目的は相手企業のペインポイントを見つけ出す作業のこと。

ターゲットのペインポイントの把握が重要です。

ペインポイントが把握できると準備の手順が分かってきます。

準備の対象や深度などが見えてくるようになります。

特に企業のミッションやビジョンの確認は忘れがちです。

当然、求められているスキルについてのリサーチも行ないます。

これは、ジョブ・ディスクリプションの分析をしっかりやっていれば分かります。

企業のミッションやビジョン、そして、ジョブ・ディスクリプションからの分析。

これによってあなたがベストフィットだと納得してもらうことがゴールです。

この点に意識して面接対策を構成します。

準備の基本その2:自分に合った英単語を準備

preparation_interview_words

実は、皆さん中学や高校、又は大学受験で学んだ英単語で面接対策をしようとしていますがこれは大きな間違いです。

自分に合った英単語で準備するのが皆さん苦手で甘い人が結構多いです。

自分に合った英単語を準備することなく面接に望むヒトが結構多いです。

準備の仕方はオンラインなどの自己分析ツールを使って自分を最も正確に表現してくれる言葉を事前に仕入れておきます。

有料や無料の自己分析ツールがあります。

今回は代表的なものをひとつ紹介しておきます。

累計120万部突破した自己分析ツールの世界標準。

新版 ストレングス・ファインダー2.0

書籍のなかの袋とじに記載のIDとPWを使用してオンラインで自己分析を行います。

あなたの強みの活かし方が34ある資質ごとにわかります。

はいやうちに、自己分析するとをオススメします。

『いばらの道』を歩き続けることだけは避けましょう!

準備の基本その3:英会話力

preparation_interview_communication

質問を正しく聞き取るアクティブ・リスニングを練習しておきましょう。

特に面接官がイエスノーで答える質問をしているのか説明を求めているのかの聞き分けは要注意です。

途中、面接官の目を見ながら相槌を打つことも相手に安心感を与えます。

質問を正しく聞き取る簡潔に回答するネイティブのような
発音を練習する必要はないです。

単語の正しい発音とアクセントの位置の確認は重要です。

むしろ、こちらに時間を割きましょう。

そして、文末まできっちりと言い切る面接官が大きく頷いても途中でやめない。

ここが重要です。

早口やゆっくり、もごもごしたりするのもNG。

練習はしておきましょう。

まとめ

まとめイメージ_image

準備の基本その1:リサーチ

準備の基本その2:自分にあった英単語の準備

準備の基本その3:英会話力

今回、紹介した基本を参考にぜひ、外資転職を引き寄せてください。

外資系企業への英語面接サポート・サービス

外資系企業への英語面接サポート・サービスで不安を解消しましょう!

stephenpong.com では、おひとりおひとりに合わせて

英語面接のサポートをレジュメの作成段階からご指導致します

まずは、お問い合わせください

自分で用意した英文レジュメはこれでいいのかな?

英語面接の質問とその答え方はどう準備したらいいの?

英語の面接に不安を感じる、模擬面接で練習したい?!

これらのお悩みをすべて解決します!

お気楽に下記フォームからご相談ください!

人生を動かしましょう!





 ごく稀に、返信メールがお客様の迷惑フォルダに紛れ込んでいる場合がありますのでご注意ください。