Business Communication

【外資のハイ・パフォーマー】問題解決するときの英語が全く違う

ハイ_パフォーマーの英語_keynote_10.002

外資のハイ・パフォーマーの英語は全く違います。

特に、問題解決するときに使う英語 が違う。

使う言葉が違うのは背景にある考え方が根本的に違うから。

このことに気づかない日本人は非常に多い。

よく言われる、「外資は結果がすべて」。

ですが、この結果も「ひとりで出す結果」を外資では求めていない。

求められているのは、チーム・パフォーマンス。

外資のハイ・パフォーマーはこの点をよく熟知しています。

ですから、仕事を上手に ”Delegate” する。

個々人の能力やスキルに合わせてうまく ”Delegate”  するから、パフォーマンスは抜群。

この記事では、外資のハイ・パフォーマーが日常職場で使っている英語を背景にある考え方から解説します。

【外資のハイ・パフォーマー】使う英語は全く違う

ハイ_パフォーマーの英語_keynote_10.001

外資のハイ・パフォーマーは総じてコミュニケーションに長けている。

ひとことで、いうと聞き上手。”Listening” に集中する。

会話がうまいということは、こちらの意図することを瞬時に理解でき、話すときは

相手に合わせて噛み砕いてはなす。

communication_skill_improvement_eyecatch_final
4つのステップで実践できるコミュニケーション・スキルの伸ばし方外資の会話ではクオリティが求められます。価値が提供できない会話は時間の無駄。あなたの評価を下げます。この記事では、4つのステップで実践できるコミュニケーション・スキルの伸ばし方について解説。今からでも始められる、誰にでもすぐに始められる4つのステップで解説。評価されるクオリティのある会話ができるようになれば、あなたの評価も高まります。外資に転職を検討している方、或いは、既に外資で勤務している方用の必須記事!...
positive_attitude_eyecatch_original
【外資で好かれるヒトの話し方】コツはポジティブ・マインドの活用外資の会話では英語以外に求められるものがあります。それは、ポジティブな態度。前向きで積極的なことばを日頃から使うことで、まわりのヒトはあなたとの会話を楽しみます。仕事もはかどります。社内の人気ものの会話術って、実は英語力とは関係なく、前向きなモチベーションを維持しているかどうかです。この記事では外資の人気者のの会話術について解説。日頃から会話に自信のない方必見!...

ハイ・パフォーマーが仕事で意識していることは2つだけ。

ハイ・パフォーマーが意識していることは2つ

外資のパフォーマンス・ベクトルは2つだけ。

どんな職種であろうが、全社員はいずれかなのベクトル志向を持つことが求められる。

  1.  利益の最大化
  2.  コストの最小化

営業職にいなくてもいずれかのベクトル志向を持つことが求められている。

ハイ・パフォーマーはこの2点を同時に思考の中に組み込みながら、両方を達成する。

そして、ハイ・パフォーマーはひとりでこれらを実現しようとは決して思わない。

目の前にいるチームメンバーと共に実現を目指す。

チームワークでミッションを実現するときに、求められることは

 コミュニケーション・マネジメント

 モチベーション・マネジメント

ハイ_パフォーマーの英語_team

実現するために外資のハイ・パフォーマーが常に意識していることがある。

  1.  リーダーシップ
  2.  チームワーク
  3.  コミュニケーション
  4.  論理的思考・問題解決力
  5.  倫理・行動規範

すべて、ひとことで表記しているが、サブ・ワード(Sub Word)がすべてにある。

サブ・ワード(Sub Word)を見ていくとより具体的にイメージできて理解できる。

 

 

ハイ_パフォーマーの英語_keynote_3.001

特に、ハイ・パフォーマーは、チームを動かしながら、問題解決していくのがうまい。

ハイ・パフォーマーは問題解決がうまい

ハイ・パフォーマーが問題解決の各ステップでよく使用する英語フレーズや単語を紹介していきます。

ハイ_パフォーマーの英語_keynote_9.001

問題の定義化と情報収集 Defining

👉 この工程は “Fact Finding” と ”Data Gathering” などのスキルが求められる。

事実が何であるのかを忠実に情報収集する。

この工程では、意見と事実を区別する姿勢が常に求められます。感情と数字の区別ともいえます。

Specify:明確にする

Specify the causes.

Differentiate:区別する

Differentiate fact from opinion.

Avoid:避ける

Avoid making assumptions without data.

Identify:確認する

Identify the root causes.

Consult:意見を聞く

Consult each faction involved for information.

分析と仮説設定 Analysis

👉 この工程は “Analyzing” や “Logical Thinking” などのスキルが求められる。

Seek:見つけ出す

Seek for Multiple alternatives.

Highlight:強調する

Highlight what needs to be addressed for resolution.

ソリューションの策定 Development & Design

👉 この工程は “Brain Storming” , ”Forecasting”と ”Critical Thinking” などのスキルが求められる。

Elaborate:詳しく述べる

Elaborate your plan.

Evaluate:評価する

Evaluate all alternatives without bias.

Corroborate:裏付ける

Corroborate solutions with analysis.

Collaborate:共同で行う

Collaborate with relevant parties effectively.

ソリューションの実行 Implementation & Execution

👉 この工程は “Project Management” などのスキルが求められる。

Ensure:〜を確実にする

Ensure that impartiality is preserved in the solution.

Enforce:〜を施行する

Enforce and implement the solution.

ソリューションの検証 Accessing

👉 この工程は “Trouble Shooting” や “Redesigning” などのスキルが求められる。

Gather:集める

Gather a Feedback.

Establish:確立する

Establish an ongoing monitoring.

Resolve:解決する

Resolve the complication through diplomatic approach.

ハイ_パフォーマーの英語_keynote_9.002
must_not_use_phrases-2
外資社内で絶対使ってはならない英語フレーズ 代表的な8フレーズ外資社内で評価されるためには、コミュニケーション力が重要。外資で使うことを避けた方が良い英語のフレーズというものが実はあります。日本人が英語学習する過程で必ず覚えてしまう英語のフレーズの中には、外資の社内で_絶対に使ってはいけない英語のフレーズがいくつかあります。この記事では、私自身の失敗から学んだ、教えられた、教育され、そして、指導された中から厳選の外資社内で使ってはいけない英語フレーズについて解説。これから、外資に転職を考えている方や既に、外資で勤務している方必読です!...

外資転職PONGのまとめ

ハイ_パフォーマーの英語_keynote_3.001

外資ではジュニア・シニアに限らず、実績や結果が求められる。

会社側が求めるのはチームの総合的な実績や結果。

そのために個人個人が最大限に実績貢献するよう求められている。

ハイ・パフォーマーの基本はあなたにもすぐ実行できます。

キモはコミュニケーションから始めること。

そこから、チームワークに意識を拡大させていき、実績貢献につなげられると、あなたもハイ・パフォーマー入り。

実践してみてください!

Stephen Pong

外資系企業への英語面接サポート・サービス

外資系企業への英語面接サポート・サービスで不安を解消しましょう!

stephenpong.com では、おひとりおひとりに合わせて

英語面接のサポートをレジュメの作成段階から致します

自分で用意した英文レジュメはこれでいいのかな?

英語面接の質問とその答え方はどう準備したらいいの?

英語の面接に不安を感じる、練習したい?!

これらのお悩みをすべて解決します!

まずは、お気楽に下記フォームからご相談ください!





 ごく稀に、返信メールがお客様の迷惑フォルダに紛れ込んでいる場合がありますのでご注意ください。

関連記事はこちら