Business Communication

損しない、今からでもすぐに使えるオフィス英語 【英語例文付き】

office_english_eyecatch_final

外資や英語を会社で日常的に使うときに覚えて損しないビジネス表現の事例ををまとめてみました。

どの表現も今からすぐにオフィスで使える、英語例文付きの表現。

ネイティブのようなちょっとした表現かたどっぷりとした表現まで、いろいろです。

ビジネス英会話上達希望の方は必読です。

今からでもすぐに使えるオフィス英語

office_english_2

会社で想定できる場面に合わせた日常的なビジネス英語の表現事例集。会話をスムーズにすることは、相手との距離を縮めることにもつながります。ぜひ、使ってみて、意思の疎通が取れる喜びを感じてみてください!

Back to square one

意味:最初からやり直す、振り出しに戻る

Let’s go back to square one and try again.

→ もう一度、最初から試してみましょう。

類似

Back to the drawing board (プロジェクトや計画などを)最初からやり直す

Client rejected our proposal, so must go back to the drawing board and review the whole project again.

→ クライアントが提案を拒否したので、最初に戻ってプロジェクト全体を再度確認する必要がある。

Behind the scenes 

意味:舞台裏で、水面下で、密かに

Behind the scenes, both sides are working towards an agreement.

→ 舞台裏では、双方が合意に向かって取り組んでいます。

Big picture

意味:(ものごとの)大局・概要

They see the details but miss the big picture.

→ 彼らは詳細を押さえているが、全体像を見逃している。

Bottom line

意味:結論は

Bottom line is that it’s not profitable.

→ 結論は儲からない。

決算資料での使用の場合は最終行(税引き後利益など)を意味する

Bring <〜> to the table

意味:ビジネスに必要な有益な(スキルや経験などを)もたらす・提供する

We need to bring experienced staff to the table, so that we can move forward with the project.

→ プロジェクトを進めるために、経験豊富なスタッフをチームに入れる必要がある。

By the book

意味:規則に従い

Compliance manager always does everything by the book.

→ コンプライアンスマネージャーは常に規則に沿って行う。

He’s a boring guy.

→ つまらない野郎だ。<このような事を言ってはいけません。>

Call it a day

意味:(今日の仕事などを)終わりにする

I’ve had it. Let’s call it a day.

→ 十分仕事をしたので終わりにしょう。

Cut corners

意味:簡単で割安な方法でものごとを行う→手を抜く

There’s always a temptation to cut corners when you’re pushed for time.

→ 時間に追われているときは、常に手抜きの誘惑がある。

Fifty-fifty

意味:半々(五分五分)である

The project has a fifty-fifty chance of success.

→ プロジェクトが成功する可能性は五分五分です。

From day one

意味:最初から、1日目から

The manger made it clear from day one that reaching KPI is everything.

→ マネージャーはKPI達成が全てであることを初日から明示した。

From the beginning

意味:最初から

Please start over from the beginning.

→ 最初からやり直してください。

From the ground up

意味:最初から、という意味がビジネス英会話では一般的

Client’s change in functional spec changed everything from the ground up.

→ クライアントの機能仕様の変更により、すべてが一から変更された。

類語にはー

From scratch:ゼロから 

Effectively, we have to start again from scratch.

→ 事実上、最初からやり直す必要がある。

From the ground upには、“新規まき直しに、徹底的に” などの意味もある(出典:研究社)

小生自体、このような意味で使った記憶はあまりなく、ほとんど最初から

という意味で使用しています。

Gray area

意味:どちらとも言えない、はっきりしない部分

There are a lot of gray areas where it is hard to decide until you have more information.

→ 多くの情報を得るまで判断できないはっきりしない部分が多くある。

Get down to business

意味:(仕事に)取り掛かる;本題に入る

Skip the formalities and get down to business.

→ 手続きにこだわらずにすぐ取り掛かろう。

Get off the ground

意味:うまく始める

Our project is too costly to ever get off the ground.

→ 計画はコストがかかりすぎて開始できない。

Go the extra mile

意味:期待されている以上、一層の努力をする

He would go the extra mile to try to elucidate his intentions.

→ 意図を説明するために一層努力する。

In a nutshell

意味:要するに、ひとことで言うと

Unemployment is rising, prices are increasing; in a nutshell, the economy is in trouble.

→ 失業率も価格も上昇、ひとことで言えば、経済は困窮している。

Last minute

意味:どたん場

The plan has to be aborted at the last minute.

→ 計画は土壇場で中止する必要がある。

Learn the ropes

意味:(仕事の)コツを覚える

When you move to a new firm, it usually takes time to learn the ropes.

→ 転職すると(新し会社で)コツを覚えるのに時間が掛かる。

Long shot

意味:(成功の)可能性が極端に低い

It’s a long shot, but worth trying.

→ 成功の可能性は低いが試してみる価値はある。

Run around in circles

意味:無駄なことをする

Low performer tends to run around in circles without thinking. 

→ ローパフォーマーは、考えずに無駄なことばかりする。

Touch base with

意味:連絡する(とる)

I just wanted to touch base with you.

→ 連絡したかっただけです。

転用して→ 「意見を交わしたい」という意味で使用することがビジネス場面では多い。

転職PONGのオフィス英語まとめ

office_english_1

どれも、一使うと覚えやすいフレーズばかりです。ぜひ、オフィスで使ってみてください。

Back to square one → 最初からやり直す、振り出しに戻る

Behind the scenes → 舞台裏で、水面下で、密かに

Big picture →(ものごとの)大局・概要

Bottom line → 結論は

Bring <〜> to the table → ビジネスに必要な有益な(スキルや経験などを)もたらす・提供する

By the book → 規則に従い

Call it a day →(今日の仕事などを)終わりにする

Cut corners → 簡単で割安な方法でものごとを行う→手を抜く

Fifty-fifty → 半々(五分五分)である

From day one → 最初から、1日目から

From the beginning → 最初から

From the ground up → 最初から、という意味がビジネス英会話では一般的

From scratch → ゼロから

Gray area → どちらとも言えない、はっきりしない部分

Get down to business →(仕事に)取り掛かる;本題に入る

Get off the ground → うまく始める

Go the extra mile → 期待されている以上、一層の努力をする

In a nutshell → 要するに、ひとことで言うと

Last minute → どたん場

Learn the ropes →(仕事の)コツを覚える

Long shot →(成功の)可能性が極端に低い

Run around in circles → 無駄なことをする

Touch base → 連絡する(とる)

ひきつづき、あなたに役立つ英語表現の記事を投稿していきます。

よろしければ、Twitter(@mypongchan)などフォローしていただけると、記事を更新したらすぐにわかりますよ。

Stephen Pong

外資系企業への英語面接サポート・サービス

外資系企業への英語面接サポート・サービスで不安を解消しましょう!

stephenpong.com では、おひとりおひとりに合わせて

英語面接のサポートをレジュメの作成段階から致します

自分で用意した英文レジュメはこれでいいのかな?

英語面接の質問とその答え方はどう準備したらいいの?

英語の面接に不安を感じる、練習したい?!

これらのお悩みをすべて解決します!

まずは、お気楽に下記フォームからご相談ください!





関連記事はこちら