英会話

【運転手も乗客も必見】タクシーに乗ったら必ず使う英語のフレーズ

cab_driver_2

海外からの訪日客の増加に合わせてトラブルも多くなってるみたいですね。デパートや大型量販店、メイド喫茶に神社仏閣など様々なところで意思の相違によるトラブルが発生しているようです。今回は、その中でも特に、タクシーの中でのトラブル回避に焦点を合わせて、覚えやすく、すぐに使える英語表現を紹介します。

タクシーに乗ったら必ず使う英語のフレーズ

cab_trouble_1

NYマンハッタンで合計10年くらい生活した経験から今回の表現集の一部をまとめました。特に、トラブルになりやすいシチュエーションを中心に紹介しています。

本記事で紹介する英語のフレーズはどれも実際ニューヨーク マンハッタンのイエローキャブの運転手が普段使用しているフレーズです。そのままだと、少し、乱暴に聞こえるフレーズもあるので、その点は、丁寧なフレーズに言い換えて紹介しています。

簡単に覚えられて、すぐに実践できるフレーズばかりなので、早速明日から使ってみてください。きっと、喜ばれると思います。

 1:目的地の確認

よくある、トラブルの一つに目的地の確認があります。特に、空港などでは、降車位置が決められているのですが、ターミナル駅などでは色々な降車位置が考えられますよね。ここでは、校舎位置の確認の仕方を学びます。

因みに、乗客が「運転手」に呼びかけるときは、単に、”Driver(ドライバー)”と言ってきます。

Customer -> Driver, take me to the airport.
(ドライバー/つれて行く/わたしを/空港へ/)

take me (ひとり)—
take us (複数)—

take + ひと(ひとり、或いは、複数) + 場所 の語順で覚えよう

to+ひと+場所: 例えば:hospital(病院)
to+ひと+場所: 例えば:Tokyo Tower(東京タワー)
to+ひと+場所: 例えば:Shinjuku(新宿)

”Shinjuku” と言われたら、駅なのか、近辺なのか、あとあとのトラブルを避けるために確認しましょう!

確認の仕方

Driver -> (丁寧に言うとしたら)Where about in Shinjuku do you want me to drop you off ?

(どのあたり/新宿の/したい/あなたを/わたしが/降ろす/)

Driver -> (若しくは、単に)Where about in Shinjuku ?
(どのあたり/新宿の/)

-> (或いは、駅だと思うなら、ドライバーの方からから確認してあげよう!)
Driver -> Do you mean Shinjuku Station ?
(あなたは/意味する/新宿駅/)

-> もし、駅なら。客はYesと回答すると思われます。その場合は、どこの出口なのか確認しましょう!

Driver -> There are three main exit areas, East Exit, West Exit and South Exit.
(そこには/3つの/主要な出口/東口、西口そして南口/)
Driver -> Do you know where you’re going ( or, heading)?
(あなたは/知っている/どこに/行くのか/?)

Driver -> Okay, SIR or Madam.
(承知致しました/(お客様と、言う意味での)だんなさま(又は、奥様)/)

Customer -> Driver, I (or we) have three baggage, where shall I (or we) put them ?
(ドライバー/わたし(又は、私たち)/持っている/3つの荷物/どこに/わたし(又は、私たち)/置けばいい?)

Customer -> I’ve (or We’ve) got three baggage where shall I (or, we) put them?
短縮形(わたしは持っている((又は、私たち)/持っている)

手荷物や旅行かばんの表現は国によって違います。

baggage (不可算名詞) 英国
luggage (不可算名詞) 米国

 2:到着までの時間の確認

次に多いトラブルは目的地まで時間が掛かるような場合によく起こります。お客様がどのくらいで着けるのか訪ねてきた時の受け答えを軽くおさらいしましょう。

Customer -> How long will it take (to get there) ?
(どのくらい/かかる/(/行くのに/そこへ))

到着時刻の確約は当然避けますよね! 回答はすべておおよその目安で回答!
自身への保険をかけるつもりで、道路状況により大幅に遅延することを先に伝える。

Driver -> It will probably (roughly) take you about half an hour (or an hour, or an hour and a half).
(それは/多分(ざっと)/掛る/あなた/約半時間(または、一時間/または、一時間半))

Driver -> But it will change due to trafic condition.
(しかし、/それは、変更される/道路の混み具合により)

Driver -> But please keep in mind that it will change due to traffic conditions.
(しかし/どうぞ/ご念頭に/それは/変わる/依る/道路の混雑状況/)

 3:到着時間の確認 その2

トラブルを回避するためのおもてなし策として、以下のフレーズを覚えてみましょう。

Driver -> What time do you need to arrive ?
(何時/あなたは/しなければならない/到着すること)

その指定時刻に到着が困難な場合は即座に伝えよう!
Driver -> I am sure you are not going to make it.
(わたしは/確かです/あなたは/しない/間に合うこと/)

例えば、会議などに間に合わない場合は
Driver -> I would recommend you to make a phone call and inform your client.
(わたしは/勧める/あなたが電話をする/そして/伝える/あなたの顧客に/)
例えば、電車の乗り継ぎ(空港などへの)
Driver -> 駅の係官に事情を説明してもらいなさい。
Driver -> When you get to the station ask the station master (or staff) for assistance.
(したとき/あなたが駅に到着/聞きなさい/駅長(または 駅員)/助言を)

よく聞かるのが
Customer -> How far is it ?
(どのくらい/遠いですか)
距離を聞いてはいるが、具体的な距離と言うよりも、時間的な距離での回答でもOK
大凡の距離間など不明の場合が圧倒的に多いと思われるので、そのような場合は、ざっくりとした到着時間を伝えるといいです。
Driver -> It’s about half an hour drive from here.
(30分ほどの距離ですよ。)
大凡の距離がわかる場合は‐
Driver -> It’s about a mile(=1,609m) away.
などと、答えてあげましょう。
1 mile以下の場合は、1,200-1,500mくらいであれば
less than a mile という回答の仕方があります。

相手の乗客は日本の状況に関して不案内なので、NG状況は先に伝えるようにしましょう!

交差点の手前で降ろすのか渡った先で降ろすのか。

手前 -> Near Corner

渡った先 -> Far Corner

Driver -> Do you want me to drop you off at the “Far Corner” or the “Near Corner” ?

あなたは/降ろしてほしい/(交差点)の先か/手前か/

と、なります。

Customer -> Driver drop me (or us) off at the “Far Corner (or Near Corner)”.

Customer -> 運転手/わたし(または、私たち)/降ろす/(交差点の)先で (または、手前で)/

アバウトな場合は確認する。

Where about in Shinjuku  ?

どの辺り/新宿の/?

-> Do you mean Shinjuku Station ?

あなた意味する/新宿駅/?

お客様にとっての状況は早めに伝える。

I think it will take longer than expected.

私は思う/それはかかる長く/より思った/

 まとめ

cab_driver_english_6

運転手に取っても乗客にとってもトラブルは未然い防ぎたいですよね。主な原因はシンプルです。”勘違い”や”聞き違い”などです。

この記事に出てくるフレーズをぜひ一度、口に出してみてください。日頃からの練習が突然おトラブル防止につながります。

一度、試してみてください。

stephenpong

外資系企業への英語面接サポート・サービス

外資系企業への英語面接サポート・サービスで不安を解消しましょう!

stephenpong.com では、おひとりおひとりに合わせて

英語面接のサポートをレジュメの作成段階から致します

 

自分で用意した英文レジュメはこれでいいのかな?

英語面接の質問とその答え方はどう準備したらいいの?

英語の面接に不安を感じる、練習したい?!

これらのお悩みをすべて解決します!

まずは、お気楽に下記フォームからご相談ください!





 ごく稀に、返信メールがお客様の迷惑フォルダに紛れ込んでいる場合がありますのでご注意ください。