外資面接

【外資のWEB面接】チェックリストと相手を引き寄せる英文例付 

online_interview_eyecatch

外資のWEB面接やオンライン面接などは、本来のFace to Face 面接と比べて

  •  なにが違うのか?
  •  何に気を付ければいいのか?
  •  答え方は、本来の面接と同じでいいんでしょ?
  •  英語の質問が聞き取れなかったときの対処の仕方?

こういった、初歩的な疑問について解説していきます。

最も、気になるのが、

熱意はどのように伝えるといいのか?

通常の面接と違い、画面越しとは違い、熱意は伝わりにくいと思っていませんか?

実は、ちょっとした工夫で熱意は十分面接官に伝わります。

経済状況が非常に悪化していくなかで、ぜひ、良い結果を引き出していただくためにも参考になる内容です!

動画でご覧頂きたい場合は、YouTubeも用意しています。

WEB面接は通常の面接と何がどう違うの?

online_interview_feature

まず、WEB面接の位置付けは、感染回避が主たる理由ですが、Face to Face面接の本番面接に進む人材かどうかを見極めるための面接としての位置付けでもあります。

オンラインで行うメリットは面接官と候補者双方にあります。

特に、企業側からすると地方在住の優秀な人材を発掘するツールとしては非常に有効。

外資の場合、地方から面接に来ていただく場合の交通費や宿泊費を会社側が負担するケースがあります。

このとき、書類審査だけで来ていただいて、実際、面接してみて期待外れの候補者だったりする場合、コストはすべて無駄になります。

このような無駄を省くために事前に地方在住者に対してオンライン面接を行います。

WEB面接は本番面接に臨むにふさわしい候補者かどうかを見極めるプレ選考だとご理解ください。

ポイントは、次に進むために、

マイナス評価になる点を如何にゼロにするか

が重要となります。

つまり、あなたと他の候補者がボーダーライン上に並んだ場合、あなたが選ばれるためには減点ポイントを減らす、または、減点をなくす努力をすることです。

この場合の、減点ポイントやマイナス評価ポイントというのは、つぎの注意点のひとつひとつが対象となります。

WEB面接での注意点は?

online_interview_todo

WEB面接では、その特性から通常の面接とは異なり画面を通して候補者を見ると、気づかない、実はいろいろな情報が面接官に伝わります。

同時に、回線環境により、音声が不安定になる場合もあります。

注意するべきことは、「面接官はイライラする環境が既に整っている」という、ことを常に念頭に置いてWEB面接に臨むことを忘れないようにしてください。

ちょっと、したことで、面接官は ”イラっ” とします。

基本:想像以上にあなたについての情報が伝わる

例えば、部屋の散らかり具合。整理されているかどうかであなたの性格が読み取れます。

もちろん、先回りして、背景がなにも映り込まない壁の前でWEB面接を受けることも可能です。

そのような場合、あなた自身に焦点があつまり、逆にあなたの受け答えのひとつひとつが

嘘か真実かが明白になります。

面接官は相当場数を踏んでいるので、ちょっとしたことからあなたの急ごしらえのメッキを剥がしていきます。

画面を通してみると、あなたが想像している以上の情報が面接官には伝わります

スカイプIDなどは就活・転職用IDを作成

特に、学生の場合、アカウントIDは面白いIDを作成している方も結構多いと思いますが、就職はビジネスの場面ですので、就活・転職用IDの作成をオススメします。

その場合のIDは、シンプルに姓名+番号などの構成が無難です。

面接日時の確認

外資の本社とのオンライン面接などでは、時差に最大限の注意をはらいましょう。

特に、ヨーロッパだと、GMTを使用して日時設定している会社もあれば、ローカルタイムで設定する会社もあります。

サマータイムを導入している国や地域もあります。

ですので、必ず、日時の確認は二重確認で行いましょう。

あなたの姿勢

理想は椅子などに着席して背筋を伸ばした状態で臨むことがオススメ。

これは、本番の面接と全く同様です。

オンライン面接で回線の接続が完了した直後のあなたの姿が面接官の目に飛び込む第一印象です。

本番のFace to Face面接でもそうですが、まず、第一印象で相手に伝えることは

  •  誠実性
  •  信頼性
  •  (対象企業の社員になることに)ふさわしいかどうか

この3点を意識すると、自然とあなたの姿勢は背筋を伸ばした状態になると思います。

服装

高価なスーツでエルメスのタイで臨む必要はありません。

対象企業の企業文化や社風などは事前に調査していると思いますので、そのリサーチ結果に合わせればいいです。

ただし、Yシャツの下からTシャツのアニメやデザイン柄が見えるような服装には注意しましょう。

カメラ位置

多くの方は、タブレットやノートPCを使用して、WEB面接に臨むと思います。

このときの注意点は、カメラ位置はあなたの目線に合わせて高い位置にセッテイングするようにしましょう。

でなければ、面接官の画面には上から目線のあなたが映っています。

そして、気づかないと思いますが、あなたの部屋の天井部分も映っています。

オンライン面接は如何にマイナス点を減らすか。これに尽きます。

目線は必ず、本や小さな箱などを活用して、あなたの目線に合わせるようにしましょう。

カンペのチラ見は全部バレる

よくあるのが、カンペのチラ見。

実は、面接官はすべてわかります。ですが、NGと言うわけではありませんが、あまりに多いとアウトになります。

あなたのうしろの壁や背景

実は案外気づかない

部屋はあなたの性格をあらわす鏡

カメラ位置から映る背景をいまいちどチェックします。本棚などが映り込んでいる場合、きれいに並び替えるなど整理した方がいいです。

背景が雑然としていると、あなたの性格も雑然としていると理解されます。

外資の面接では、”x10(10 times)”という考え方をする人事担当者もいます。これは、十倍にして評価するという評価方法。

すこし、無駄話をすると、面接官は十倍にして、あなたはよくしゃべる人物だと評価するような方法です。

すべての人事担当者がこのような評価基準を使用しているわけではないですが、背景に映り込むちょっとしたことから、面接官は無意識のうちに評価する傾向があります。

逆に、無地の白い壁などを背景にする考え方もあります。

この場合は、あなたに焦点がすべてフォーカスされます。

ある意味、面接官にとっては、フォーカスポイントがひとつになるので、面接しやすい。

が、無地の白い壁などを背景にして、ボロがでると、ダメージは相当大きい

照明

いうまでもなく、あなたの顔が明るく映る自然光のなかでオンライン面接を受けることが理想。

ですが、企業側が設定した時間などが必ずしも理想の時間になるとも限りません。

照明を下投げる上で重要なことは、背景との位置関係です。

優先すべきは背景で、次が照明位置

優先した背景に自然光が照射しない場合は、スタンドなどの明かりをカメラの後ろにセッテイングして、お顔に光が自然にあたるようにしましょう。

ポイントは、顔が暗く映らないようにすること。

何度も言うように、ボーダラインに他の候補者と並んだ際に、良い印象を残して選んでもらうことです。

音量

オンライン面接のキモは音量です。いくら、綺麗に整理された背景で自然光たっぷりの顔を画面から面接官に見てもらっても、音声が伝わらなければ、アウトです。

音量に関しては、事前にチェックすることをオススメ。

信頼できる友人とスカイプなどで事前に試してみることは非常に重要。

あと、ご自宅のまわりの環境についても確認しておきましょう。

例えば、救急搬送に対応した病院の近くにお住まいであれば、救急車のサイレン音などがどの程度影響するのか、幹線道路沿に近ければ輸送車両や工事車両からの騒音なども事前に確認することをお勧めします。

万一、このような騒音が出ている場合、面接官には事前にその旨伝えましょう。詳細は、スモールトークは超重要の章で解説。

事前のリハーサルは必須

これらを再度確認しながら、信頼できる友人などに協力してもらいながら、事前にリハーサルを複数回、実施しておくことをオススメします。

オンライン面接で質問に対して答えるときの注意点

online_interview_check

ひとことで言うと、面接官をイライラさせない。

質問の意図を明確に理解して、明確にキーワードを織り交ぜながらコンパクトに回答。

前提は、調査済みであること。

  •  業界分析
  •  (業界のなかの)対象企業分析
  •  自己分析

この次が、

  •  業界の課題分析
  •  (業界のなかの)対象企業の課題分析
  •  自己の長所・ソフトスキル分析

これらが、完了していることを前提に回答するがー

オンラインという不安定で閉鎖的な空間での質疑になるので、面接官の質問を正確の理解して回答する。

特に、質問の「意図」の、把握は重要

面接に臨む上で当然、想定質問&回答集などを作成準備していると思います。

面接官もその準備ができていることを想定して、質問の軸をずらして質問します。

このときに、多いミスは、候補者は事前に準備した解答で回答しようとします。

ハプニングは質問の意図と回答のポイントがミスマッチすると、ダメージは計り知れないですよ。

求められることは、質問の意図に合わせて、準備した回答を瞬時にカスタマイズするチカラ。

なんども、言うようにオンラインはイライラしやすい環境。

次の本番の面接にススムことが目的。

質問に対して長々と回答するのではなくて、コンパクトにそして、分析したなかで導いたKW(キーワード)を含めながら回答、手短に結論ファーストで回答する。

✅ 情熱の伝え方

WEB面接で情熱を伝えるコツは2つ

  •  事前準備の成熟度
  •  カメラコンタクト

想定質問と回答は相当程度暗記することは重要。

 

jennifer yellow
jennifer yellow

「しどろもどろの回答や、カンペのチラ見程度の準備か…」

「その程度の準備で当社に応募しようとしているの?」

あなたもわかりますよね。

面接官の立場になったら、このような準備不足の候補者を採用しますか?

しません。

ですので、準備は相当時間をするようにしましょう。

つぎに、最も重要なポイント

カメラコンタクトを常に意識

WEB面接が開始されたら、相手の面接官の姿が画面越しに見えます。

このとき、面接官の画面越しの姿を見るのではなくて、あなたの前にある、PC・タブレット・スマホなどのカメラを見ながら話すことがポイント

こうすることで、相手の面接官側の画面では、あなたが、しっかりと画面を見ながら話す姿が映し出されます。

あなたが、画面に映る面接官を見ながら話すと、面接官の画面では、あなたの目線がほかの方向を見ているように見えます。

また、注意点のもひとつは、カメラの高さ位置をあなたの目線に合わせると更に効果的になります。

事前準備の成熟度と目線のカメラコンタクトが熱意に変わり、相手の面接官に伝わります

質問が聞き取れなかったときの対処方法

online_interview_repeat

オンライン環境のため、どうしても音声が聞き取れない場合もあります。

そのような場合は、その旨伝えてリピートしてもらえばいいです。

Forgive me, I had a bad connection, would you please repeat the question again ?

すみません、回線状態が悪く聞き取れませんでした。再度質問を仰っていただけないでしょうか?

質問が正しく聞き取れたが、質問の意図や意味が不明の場合はシンプルに

I’m sorry , I quite didn’t understand your question,

すみません、ご質問の意図・意味を理解できませんでした。

と、尋ねればいいです。ただし、この場合は、減点になる可能性が極めて高いです。

そこで、このような、場合の対処法は、通信環境の悪化を理由に再度質問を繰り返してもらう。ただし、”repeat(リピート)” と、いう単語を使うのではなくて、わざと、”reprhase(言い換え)” という単語を使用。

Forgive me, I had a bad connection, would you please rephrase the question again ?

すみません、回線状態が悪く聞き取れませんでした。再度質問を仰っていただけないでしょうか?

このとき、面接官は一字一句、おなじ単語で質問を再度繰り返した場合、あなたは意図や意味を想定する必要があります。

想像できた場合、相手に確認しますー

Is it fair to say that, you’re asking me about 〜.

〜について、お尋ねだと理解してもいいでしょうか?

などと、切り返すこともできます。

重要なことは、これ以上、相手をイライラさせない対応方法で切り抜けること。

どうしても、聞き取れたが、答えられない場合は、質問の意味を尋ねることをしましょう。

その他の質疑応答で加点を稼ぐ努力をしましょう!

回線接続直後の冒頭スモールトークは超重要

online_interview_small_talk

回線接続が完了した直後から面接官は採用面接の質問をすることはありません。

まず、スモールトークからはじめます。候補者の緊張を和らげ、あなたらしさの素を引き出すためです。

実は、このスモールトークの内容次第で面接の合否の方向性は決まると言えるくらい、冒頭のスモールトークは超重要。

ハーバード・ビジネス・レビューでも紹介されていますが、スモールトークは面接などでは非常時に重要であると説いています。

参考資料:HBR スモールトークについての研究考察

Harvard Business Review Facebook Page

The Big Challenge of American Small Talk

言い換えると、他の候補者とあなたを唯一区別できるポイントでもあります。

面接官は、回線接続が完了した直後に候補者にかけることばを意識していて、すべての候補者に対してほぼ同じような内容のことばをかけます。

このときの、切り返しによって、そのあとにつづく面接に対して楽しくなるような感じを意識させる候補者と真逆の候補者に別れます。

通信環境についての確認、忙しいなかオンライン面接に応募してくれた候補者に対する労い、その地方の天候が悪い場合などに掛けることば。

ひとつひとつ、事務的に切り返せますが、個性を打ち出すことも可能です。ここでは、一本的に思いつくような切り返しをするのではなくて、あなたらしさが出る切り返し方を考えてみてください。

通信環境 → 通信環境は不安定です。場合によっては途中で途切れるかもしれません。そのような場合は、自分から掛け直せばいいでしょうか? 再接続の手順だけお聞きしても良いでしょうか? (慎重な候補者人物像が表現伝わります。)

I may have a bad connection. If incase, I get cut out, shall I call you back to re connect again ? If would be helpful if you can guide me in case.

オンライン面接に応募してくれた候補者に対する労い → この機会を得られることを心待ちにしており、感謝致します。業界業種分析、そして、御社分析。自己分析を通じて、自分が御社で働くことにふさわしい候補者であることを今日のオンライン面接で証明したいと思います。

I am very pleased to have this interview and appreciate for giving me this opportunity. I have conducted a thorough analysis on industry, firm and myself. Today let me prove that I am the right candidate for this position.

天候の悪化などに対する労い → ご心配いただき感謝いたします。ですが、自分のこころの準備は既に出来ており、晴天です。今までにないほど晴れて澄み渡っています。今日のオンライン面接では、淀みなく偽りなくすべて素直にお答えしていきます。

I appreciate for your warm worries and words, though I am pretty much prepared with myself just cleared up like a blue sky. I’m sure I can make myself as clear as ever reverting back to prove myself.

英文はあくまでも参考例として、ご理解ください。

スモールトークで必ず実施することをオススメするのが、2点。

  1.  回線が切れた場合の手順をあらかじめ確認すること。(先ほど英文を使用)
  2.  音声が途中、外の騒音で聞きづらいかもしれないことを断っておく。

Let me inform you that I live in a heavy traffic area, you may have difficulty listing to what I say.

先にお伝えしておきますが、交通量の多い地域に住んでいるせいで、わたしの声が聞きづらいかもしれません。

このように、冒頭のスモールトークの後半に伝えておくと、慎重な候補者として見てもらえます。

外資転職PONGのまとめ

online_interview_summary

オンライン面接という、通常のFace to Face面接とは異なる環境なので、相手の面接官はイラっとしやすい環境にいることを忘れずに。

WEB面接は、コストを企業側が負担して、本社まで面接を来ていただくにふさわしい人物かどうかを確認します。

ですから、オンライン面接では可能な限りマイナスにつながる減点を如何にゼロにするかが求められる。

減点をゼロにした環境の上で、加点を狙いにいくことがゲームプランです。

【事前準備は重要】

チェックポイントは:

  •  想像以上に画面を通して情報が伝わる
  •  就活・転職用スカイプIDの取得
  •  面接日時の再確認→時差・サマータイム
  •  服装 → Tシャツなどの柄が透けない・色物Tシャツを下に着ない
  •  姿勢 → 背筋を伸ばす(本番面接と同様の姿勢をキープ)
  •  カメラ位置 → 目線に合わせる
  •  カンペのチラ見はバレる → 想定回答は念入りに覚える
  •  証明 → 顔が暗くならないように配慮
  •  背景 → あなたの性格が丸わかり
  •  音量 → いちばん重要(事前確認は必須)

【オンライン面接は面接官をイライラさせやすい】

  •  質問の意図は正確に把握。準備した回答で対応できない場合が多いことを知る。
  •  聞き取れなかった場合は、素直に聞き直す。

【スモールトークは次に進むかどうかの方向性を大きく決める】

  •  通信環境の切断時の手続き
  •  騒音

ぜひとも、状況の厳しい中、オンライン面接を通してあなたらしさを伝えて、よい結果を引き寄せて頂ければ嬉しいです。

就活・転職のルール

企業側の採用者は履歴書に記載したあなたのハードスキルで面接するかどうかを判断。

実際会ったあなたのソフトスキルで採用するかどうかを決めます。

さらに、外資の場合は採用したあなたが実績を上げられない場合、解雇するかどうかの判断もすふとスキルで決めます。

このことを忘れないように!

外資の面接_中カテゴリー

Stephen Pong

外資系企業への英語面接サポート・サービス

外資系企業への英語面接サポート・サービスで不安を解消しましょう!

stephenpong.com では、おひとりおひとりに合わせて

英語面接のサポートをレジュメの作成段階から致します

 

自分で用意した英文レジュメはこれでいいのかな?

英語面接の質問とその答え方はどう準備したらいいの?

英語の面接に不安を感じる、練習したい?!

これらのお悩みをすべて解決します!

まずは、お気楽に下記フォームからご相談ください!





 ごく稀に、返信メールがお客様の迷惑フォルダに紛れ込んでいる場合がありますのでご注意ください。